7~9月成長率、民間予測は年率1.9% 消費持ち直し弱く

2014/11/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民間調査機関12社が31日にまとめた7~9月の実質国内総生産(GDP)の予測平均は前期比の年率換算で1.9%増となった。夏の天候不順もあり、消費増税後の個人消費の持ち直しが弱かったとの見方だ。ただ、10~12月からは2%台の成長が続く見通し。予想は夏時点より厳しくなったものの、消費税率は予定通り10%に上げる環境にあるとの指摘が多い。

総務省が31日発表した9月の家計調査では、2人以上世帯の消費…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]