2018年1月20日(土)

東京五輪記念貨幣、1万円金貨など30種発行 財務省

2017/5/31 19:06
保存
共有
印刷
その他

 財務省は31日、2020年東京五輪開催を控えて製造する記念貨幣の発行計画を示した。一万円金貨、千円銀貨、500円銅貨、100円銅貨の4通りで、図柄はあわせて30種類にする。有識者の意見をもとに国際オリンピック委員会(IOC)などとの調整を経て今後決め、18年11月から発行する。近年の五輪で、日本選手がメダルを獲得した競技などをあしらう予定という。

 図柄選定は国民によるはがきやインターネット投票の結果も反映する。貨幣の裏面には大会エンブレムをほどこす。大会直前の20年7月までに4回に分けて発行する。30種の図柄のうち、パラリンピック貨幣は3割つくる。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

東京オリンピック財務省



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報