民進、参院比例で統一名簿検討 社民・生活と調整

2016/5/31 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民進党は7月の参院選比例代表で社民、生活両党と統一名簿をつくる検討に入った。民進党の岡田克也代表が今月末、社民党の吉田忠智党首に参加を提案した。生活とも水面下で調整している。共産党を加えた野党4党は参院選の改選定数1の全32選挙区で候補を一本化する方針で、比例代表でも共闘が望ましいと判断した。共産党は比例での共闘には加わらない。

社民党は吉田氏と福島瑞穂副党首、生活は谷亮子氏が改選を迎え、いずれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]