海外への国際電話、4年で半減 無料通話ソフト普及で

2016/1/6 23:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本国内から海外への国際電話の「発信」が急減している。総務省によると、2014年度の発信回数は約2億9千万回で、4年前の10年度(6億1300万回)に比べ53%減った。インターネット回線を使った無料通話ソフト「スカイプ」などの普及で、従来型の電話を使わずに国際電話するケースが増えているのが背景とみられる。

発信と比べ、国際電話の着信は回数の減りが緩やかだ。14年度は3億800万…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]