失業率2月2.8%、22年ぶり低水準 鉱工業生産2%上昇

2017/3/31 11:41
保存
共有
印刷
その他

雇用が一段と改善している。総務省が31日発表した2月の完全失業率(季節調整値)は2.8%と前月に比べ0.2ポイント低下した。1994年6月の2.8%以来22年8カ月ぶりの低水準。同日発表の有効求人倍率は1.43倍(季節調整値)と前月と同じだが、四半世紀ぶりの高さだ。運輸、製造業など幅広い業種で人手不足が続いている。

失業者が減り、就業者が増えたことが指標の改善につながった。失業者(原数値)は18…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]