/

この記事は会員限定です

社会保障、負担重い1年に 制度持続へ課題山積

[有料会員限定]

2015年は社会保障制度の利用者にとって負担増の年となりそうだ。年金は4月から支給額の抑制を始める。介護分野でも所得がある人は負担割合が上がる。現役世代の負担は限界に迫っており、高齢者にも一定の負担を求める。それでも社会保障制度の持続性を高めるには切り込み不足で、課題は山積みだ。

年金の支給額抑制は年金を受け取るすべての人が対象になる。支給額を物価や賃金の伸びより抑える「マクロ経済スライド」と呼ぶ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン