鉱工業生産、車進化が下支え 車載カメラなど好調

2017/8/31 13:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車業界の技術の進化が生産活動を下支えしている。自動走行で車の触覚のような役割を果たす車載用カメラや、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)の動力源となるリチウムイオン蓄電池の生産が好調だ。輸送機械工業全体で見ても9カ月連続で前年同月より生産が増えた。31日には官民で自動走行の実用化を進める協議会も立ち上がった。

7月の鉱工業生産指数は前月比で0.8%低下したが、指数は101.…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]