輸入小麦の価格上乗せ、「売買差益」半分に 政府

2015/7/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ラハイナ(米ハワイ州)=御調昌邦】日本政府は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、政府が商社などを通じて海外から買い入れた小麦に一定金額を上乗せて製粉会社などに売る制度である「売買差益」(1キログラムあたり45.2円が上限)を段階的に半分近くに圧縮させる方針だ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]