「侵略の歴史直視を」 戦後70年談話で北岡氏

2015/7/1付
保存
共有
印刷
その他

戦後70年談話に関する安倍晋三首相の私的諮問機関で座長代理を務める北岡伸一国際大学長は30日夜のBSフジ番組で、先の大戦をめぐる「植民地支配と侵略」への反省の趣旨を談話に盛り込むべきだとの見解を示した。「一番重要なのは歴史を直視することだ。侵略と植民地支配だ。なぜ誤りを犯したかを率直に反省する未来への指針とすることが大事だ」と強調した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]