TPP参加国、2国間交渉急ぐ 日米事務協議、来週後半に

2015/7/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国で大統領貿易促進権限(TPA)法が成立した。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する12カ国はこれを受け、2国間の関税交渉などを加速させる見通しだ。日米事務協議は来週の後半から東京で始める方向だ。

TPP交渉は12カ国による全体のルールや制度の交渉と、2国間による関税撤廃などを含む「市場アクセス」の交渉で構成されている。

甘利明経済財政・再生相は30日の閣議後会見で「(日米協議を)できる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]