/

この記事は会員限定です

出光創業家の昭和シェル統合反対、公取委審査に影響も

[有料会員限定]

出光興産の創業家による昭和シェル石油との統合への反対が、公正取引委員会の進める石油元売り再編の審査に影響を与えそうだ。公取委は出光―昭和シェル連合と、JXホールディングス(HD)―東燃ゼネラル石油連合による「2強多弱」の市場になることを最も警戒していた。仮に白紙になれば審査の難易度は下がるため、JXHD―東燃側に有利に働くとの見方が出ている。

競争政策のセオリーでは、特定の陣営に市場シェアが集中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン