日朝対話「糸口放さず」 首相、制裁強化に慎重

2015/7/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は30日、北朝鮮による日本人拉致問題を巡り、制裁強化に慎重な姿勢を示した。拉致再調査の状況次第では制裁強化の可能性を示唆していた従来の発言からやや対話に軸足を移した格好だ。安全保障関連法案への批判を背景に内閣支持率が低落傾向にある中、支持率回復につながる可能性がある拉致問題の進展に期待をつなぐ思惑がのぞく。

「制裁を強化せよという声はあるが、今やっとつかんだ糸口は放してはならないとの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]