/

主婦は掛け金年27.6万円 確定拠出年金、誰でも加入可能に

自民、公明両党は2015年度税制改正大綱で、運用成績に応じて将来の受取額が変わる確定拠出年金日本版401k)に誰でも入れるようにすると決めた。専業主婦など2800万人が16年度にも加入できるようになる。公的年金の支給が減るなか401kの活用で老後の資金を確保できるようにする。

2015年の通常国会に確定拠出年金法の改正案を出す。個人で掛け金を納める個人型401kの対象を広げる。

401kは掛け金の拠出、運用、受け取りのそれぞれで税制優遇を受けられるメリットがある。新たに加入できる主婦は年27.6万円、公務員は同14.4万円の掛け金(保険料)を出せるようにする。会社が掛け金を納める企業型401kのみの加入者は同24万円、確定給付年金の加入者は同14.4万円まで、それぞれ納められるようにする。

掛け金上限はこれまでの月単位から年単位に改める。ボーナスの月などにまとめて納められるようになる。

転職者の増加に対応し、年金資産も持ち運びしやすくする。401kを実施する企業から、確定給付年金の企業に転職しても、資産を移して積み立てを続けられるようになる。

厚生労働省の試算では今後30年で公的年金の受給額は約2割減る見通しだ。私的年金の401kへの加入を増やすことで、老後の生活資金を確保してもらう狙いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン