/

下水道、消費電力半減を 自民特別委が提言

自民党の下水道・浄化槽対策特別委員会(委員長・渡辺博道衆院議員)は30日、下水道の消費電力の半減を求める提言を政府に提出した。施設の集約・再編や効率的な水処理技術の開発に予算の計上を要望した。全国の下水道を合わせると国内消費電力の1%近くを占めており、削減の余地が大きいとみている。

菅義偉官房長官や石原伸晃経済財政・再生相らに提出した。国内の下水道の電気代は年間で約1100億円。圧縮できれば家庭や企業の下水道料金の引き下げにもつながる。下水道や浄化槽などのインフラ輸出の拡大に向け、国際協力機構(JICA)との連携なども盛り込んだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン