/

積み立てNISAの対象商品、投信は手数料無料に 金融庁会議

金融庁は30日、家計の金融資産を投資に振り向けられる方法を議論する有識者会議を開いた。2018年から始まる積み立て型の少額投資非課税制度(NISA)の対象商品について、公募株式投資信託は購入や解約にかかる手数料を無料にするといった内容を了承した。金融庁は月内に対象商品の要件を盛り込んだ告示を公表する。

対象商品は金融庁への届け出が必要になる。ただ今回決まった要件を既存の公募株式投信に当てはめると全体の1%以下にとどまるため、金融機関から要件緩和を求める意見も出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン