首相「過去に役員、報酬も」 加計学園問題

2017/5/30 12:42
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は30日午前の参院法務委員会で、友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、過去に同学園の役員を務め報酬を受けたと明らかにした。「当選した当初に数年間、監査かそうしたものを務めた。1年間に14万円の報酬を受けたことがある」と述べた。首相の初当選は1993年。

学部新設を巡る事業者選定についての自身の圧力は否定した。前川喜平前文部科学次官が「存在した」と主張する内閣府が文部科学省に「総理のご意向」と伝えたという文書については「私が『知り合いだから頼む』ということは一度もない」と述べた。

疑惑を主張する野党については「私が友人のために便宜を図ったかのごとくの前提の議論は極めて恣意的だ」と批判した。民進党の小川敏夫氏への答弁。小川氏は「疑惑を招いたら、疑惑を払拭するために説明するのが政治家の責任だ」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]