/

野党4党首、国会前集会で安保法案廃案を主張

民主、共産、社民、生活の野党4党の党首が30日、国会前で開かれた安全保障関連法案に反対する集会にそろって参加した。各党首は安保関連法案の成立阻止に全力を尽くす考えを示し、野党共闘をアピールした。

民主党の岡田克也代表は「憲法違反の法案であり、国会で通すわけにはいかない。一緒になって法案を廃案にしよう」と強調。共産党の志位和夫委員長は「安倍政権を羽交い締めにして採決させない」と述べた。

集会は安保関連法案に反対する市民団体が主催。主催者発表で参加者数は約12万人。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン