/

この記事は会員限定です

郵便局間でドローン輸送 宅配活用も視野

[有料会員限定]

日本郵便は2018年に郵便局間の郵便や宅配便などの輸送に空中を飛ぶドローン(無人機)を導入する。年度内には自動運転車を使った輸送の実証実験も始める。配達などにかかる人件費の抑制が狙い。郵便局間のドローンは20年代の本格的な運用を目指しており、国の飛行規制緩和などをにらみつつ将来は一般の宅配に活用することも視野に入れる。

ドローンはまず山間部や離島といった荷物を運ぶのに手間のかかる地域の輸送に活用す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン