/

ドイツとの新租税協定10月に発効 財務省

財務省は30日、ドイツとの新しい租税協定が10月28日に発効すると発表した。2017年1月から配当や利子、特許使用料などへの課税が軽減されたり免除になったりするのが柱。また、インドとの租税条約を改正する議定書が10月29日に発効すると発表した。滞納している税金の徴収で日本とインドの税務当局が相互支援する規定を新たに盛り込んだ。日本では所得税法人税、消費税などが対象になる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません