/

米戦略爆撃機、自衛隊・韓国軍と訓練 対北朝鮮圧力強める

米空軍のB1戦略爆撃機2機が30日、朝鮮半島やその周辺で自衛隊と韓国軍とそれぞれ共同訓練を実施した。防衛省や韓国軍関係者が明らかにした。北朝鮮による2回目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、日米韓3カ国が軍事的な圧力を強めた。

九州周辺の上空で米空軍機と共同訓練を行う航空自衛隊のF2戦闘機(下) (30日午前)=共同・航空自衛隊提供

米B1戦略爆撃機は米領グアムの空軍基地から飛来した。まず朝鮮半島沖で航空自衛隊のF2戦闘機2機と編隊を組む訓練を実施。空自機と別れた後、韓国上空で韓国軍の戦闘機4機と合流した。同様の訓練をしながら黄海へ抜けたという。

朝鮮戦争の際、北朝鮮は米軍の爆撃で大きな被害を受けた。戦略爆撃機の飛来には強く反発するとされる。日米韓はICBM発射直後に連携を示すことで北朝鮮をけん制した。

岸田文雄外相兼防衛相は30日、米空軍との訓練について「日米首脳が確認した(防衛態勢を強化する)具体的な行動の一環だ」と強調。「厳しい安全保障環境のなか、地域の安定化に向けたわが国の意思と高い能力を示した」とも述べた。防衛省内で記者団に語った。

今月4日の最初のICBM発射時も4日後に米軍のB1戦略爆撃機が飛来している。今回と同様、韓国軍、自衛隊と訓練した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン