/

訪日外国人「2030年に6000万人」 政府、観光戦略で新目標

政府は30日午後、訪日外国人旅行客の拡大に向けた具体策を検討する関係閣僚と有識者による会議「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、訪日外国人数を「2020年に4000万人、30年に6000万人」に増やす新目標を決めた。「20年に2000万人、30年に3000万人」としてきた従来目標から大幅に上積みし、受け入れ環境の整備も急ぐ。

政府は日本の経済成長には「観光立国」の推進が不可欠とみて、観光戦略の推進に注力する方針だ。15年の訪日外国人は1973万人。想定以上のペースで増えていることもあり従来目標を改めた。今後は地方も含めた受け入れ体制の整備が課題となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン