/

この記事は会員限定です

地震の被害規模、即時に推定 政府がシステム開発へ

[有料会員限定]

政府は地震が発生した際、被害規模を即時に推定できるシステムの開発に乗り出す。2018年度までに地震の被害については発生後1分以内、津波の遡上は地震発生から数分後に把握できる体制を目指す。独立行政法人の防災科学技術研究所や国土交通省などが中心となって開発を進める。リアルタイムで被害規模を推定できるようにすることで、各自治体に迅速な対応を促す考えだ。

被害予測システムは地震と津波が主な対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン