/

この記事は会員限定です

福島の中間貯蔵、15年1月稼働めざす 用地交渉難航も

知事が受け入れ表明

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う除染で発生した汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設の受け入れを福島県の佐藤雄平知事が正式表明した。政府は16平方キロに及ぶ用地の取得交渉や関連法の整備など建設へ向けた作業を急ぐ。来年1月に汚染土などの搬入開始を目指すが、県内外に暮らす地権者は3千人とみられ、交渉は容易ではない。東京ドーム18杯分の汚染土の輸送方法など課題は多い。

「大変なのはこれからだ」と環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン