/

この記事は会員限定です

和牛関税、14年で撤廃 TPP日米閣僚協議で方針一致

[有料会員限定]

【ラハイナ(米ハワイ州)=坂口幸裕】甘利明経済財政・再生相と米通商代表部(USTR)のフロマン代表は28日、マウイ島のホテルで約1時間半会談した。米国が日本産の牛肉を輸入する際にかけている関税を14年かけて撤廃する方針で一致した。

米国は日本から輸入する牛肉に26.4%の関税をかける一方、年200トンまでは1キログラムあたり4.4セント(約5円)の低関税の輸入枠を設けている。まず輸入枠をTPP発効...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン