首相、維新に再び秋波 安保対案「真摯に対応」

2015/7/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安全保障関連法案を巡り、政府が維新の党との距離を再び縮め始めた。与党と維新の修正協議は衆院採決直前で一度は決裂したが、安倍晋三首相は29日の参院審議で政府案の修正の可能性に言及した。内閣支持率は安保法案の衆院採決を巡る混乱などを背景に急落している。衆院では見切った維新を取り込み、参院での円満採決につなげようとの思惑がにじむ。

「維新案は大きな方向性では一致している」。首相は29日の参院平和安全法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]