/

菅氏「国連総長は日韓合意に賛意」 韓国からは異論

(更新)

菅義偉官房長官は29日の記者会見で、安倍晋三首相と国連のグテレス事務総長の27日の会談で従軍慰安婦問題を巡る日韓合意に関し議論し、グテレス氏が賛意を表明したと説明した。日本政府は会談後、首相が合意の重要性を指摘し、グテレス氏が合意に賛意を示したと発表した。ところが国連のドゥジャリク事務総長報道官は28日、日韓合意の内容には「触れなかった」とのコメントを公表した。

菅氏は「明快に首相から日韓合意について実施の重要性を指摘している。先方は賛同を示すとともに歓迎する旨を述べた」と強調した。

韓国外務省当局者は29日、日韓合意に関して「韓国国民の大多数が受け入れられない」と韓国政府の立場を改めて示した。記者団に語った。そのうえで「現実を考慮し韓日両国が共同で努力し問題を克服していくことを望む」と指摘した。

合意に関する再交渉には触れていない。グテレス氏が首相に、日韓合意の内容への支持は表明していないとも主張した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン