/

連合会長、国民連合政府「無理」 選挙協力にも疑問

連合の古賀伸明会長は29日、来月7日の退任を前に最後の記者会見をした。安全保障関連法廃止のために共産党が民主党などとの「連合政府」を提唱していることについて「対話は否定しないが、連合政府は全く無理な話だ」と述べた。選挙協力に関しても「選挙と連携のあり方を分けて考えられるのか。解けないパズルをやり始めている」と疑問を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン