/

この記事は会員限定です

小池氏「排除の論理」鮮明 民進に反発の声

(更新) [有料会員限定]

新党「希望の党」の代表を務める小池百合子東京都知事は29日、同党との合流を決めた民進党の受け入れを巡り「排除の論理」を鮮明にした。憲法改正や安全保障関連法への態度で候補者を選別する意向だ。民進党からは反発の声が拡大。希望に公認申請を出さずに、無所属や別の新党から出馬をめざす動きも出ている。前原誠司代表や連合の対応が焦点となる。

「排除いたします」。小池氏は29日の記者会見で断言した。

民進党が合流...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン