2019年6月21日(金)

精米施設、シンガポールに 17年度にもJA

2016/2/29 20:11
保存
共有
印刷
その他

全国農業協同組合中央会(JA全中)は29日、シンガポールにコメの精米施設を2017年度にもつくる方針を明らかにした。環太平洋経済連携協定(TPP)の発効をにらみ、東南アジアへの輸出拡大を目指す。JAが海外に精米拠点をつくるのは初めて。

JA全中や全国農業協同組合連合会(JA全農)、農林中央金庫などが同日都内で開いたグループ輸出推進対策本部委員会の第1回会合で示した。コメは精米すると鮮度が落ちやすくなるが、玄米で輸出して現地で精米することで品質の高いコメが提供できるとみている。

15年の農林水産物・食品の輸出額は過去最高の7452億円だったが、援助米を除くコメはわずか22億円。うちJAは2割程度を占めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報