/

首相、都内ホテルで休暇入り 主計局長らとレストランで食事

(更新)

安倍晋三首相は29日、都内のホテルで年末年始の休暇に入った。フィットネスクラブで汗を流した後、夜は都内のレストランで第1次政権の首相秘書官だった財務省の田中一穂主計局長らと夫人同伴で食事をした。

公務の予定は1月1日に皇居で「新年祝賀の儀」に出席するだけで、仕事始めは5日の伊勢神宮参拝と記者会見になる。地元の山口県には入らず、都内や近郊で映画鑑賞やゴルフを楽しむ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン