/

加工食品の原産地表示、拡大へ 有識者会議が初会合

農林水産省と消費者庁は29日、原材料の産地表示を義務付ける加工食品の品目拡大に向け、有識者会議の初会合を開いた。学者や消費者、メーカー、流通業者が、今は一部の加工食品に限られている産地表示を広げる方向で検討する。参院選前の6月をめどに方針を決め、今秋までに中間取りまとめを行う。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません