/

年金法案が衆院通過 政府・与党、今国会成立期す

年金支給額の上昇抑制策などを柱とする国民年金法改正案は29日の衆院本会議で、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、参院に送付された。30日までの国会会期を12月14日まで延ばすことも議決した。政府・与党は今国会中の同法案の成立を期す方針だ。

衆院本会議で国民年金法改正案が可決され拍手する安倍首相(29日午後)

年金法改正案は現役世代の将来の年金受給水準を維持するため、賃金の変動に合わせて年金額を改定する仕組みを盛り込む。物価が上昇しても賃金が下がれば、年金額も下がる可能性があるとして民進党など野党は「年金カット法案」と批判している。

民進、共産、自由、社民の4党が提出した塩崎恭久厚労相の不信任決議案と、丹羽秀樹衆院厚労委員長(自民)の解任決議案は与党と維新などの反対多数でいずれも否決された。与党は30日から参院で年金法改正案を審議入りするよう求めているが、民進党は受け入れていない。与党は遅くても12月2日までの審議入りをめざす。

政府・与党は14日までの会期で、年金法改正案に加え、参院で審議中の環太平洋経済連携協定(TPP)承認案・関連法案も成立させる構えだ。TPP承認案は憲法の規定により、9日に自然成立する。民進党は会期延長を受け、参院TPP特別委員会での十分な審議時間を確保するよう要求。与野党は安倍晋三首相が出席する集中審議を1日に実施する方向で調整している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン