/

日米「圧力強化で一致」 対北朝鮮で首脳電話協議

(更新)

安倍晋三首相は29日朝、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「わが国を飛び越えるミサイル発射という暴挙はこれまでにない深刻かつ重大な脅威だ」と非難した。「政府は発射直後からミサイルの動きを完全に把握していた。緊張感をもって国民の安全、安心の確保に万全を期していく」と訴えた。北朝鮮に抗議したとも明らかにした。

国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合後、記者の質問に答える安倍首相(29日午前、首相官邸)

この後、首相はトランプ米大統領と約40分間、電話で協議した。トランプ氏は「全ての選択肢がテーブル上にある」と改めて強調した。「今は対話の時ではない」の認識で一致し、圧力強化で連携する方針を確認した。首相は協議後、記者団に中国、ロシアへの働きかけを重ねて求めると表明し「北朝鮮に強い圧力をかけ、彼らの政策を変えなければいけない」と指摘した。トランプ氏から「米国は同盟国の日本と百パーセントともにある」と伝達されたと述べた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン