/

自民がミサイル対策会合 幹事長「国民の安全第一に対応を」

自民党は29日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、党本部で北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の会合を開いた。二階俊博幹事長は「極めて深刻な事態だ。国民生活に現に影響も出てきている」と強調。政府に対して「国民の安全を第一に誤りの無い対応に万全を期して頂きたい」と要請した。

二階氏は「政府側は緊急性を象徴して、党に対する連絡はもちろん、もっとしっかりした対応をしていただきたい」とも述べ、自民党への連絡を密にするよう注文。「党としても政府を全面的に支えていく」と表明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン