/

ミサイル「断じて容認できない」官房長官が声明発表

菅義偉官房長官は29日午前、今回の北朝鮮の弾道ミサイル発射について「断じて容認できない。わが国の安全保障にとって、深刻かつ重大な脅威であり、アジア太平洋地域の平和および安全を脅かすものであり、航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題がある行為だ」とする声明を発表した。

今後の対応では「国連安全保障理事会におけるさらなる対応を含め、北朝鮮に対し、断固たる対応を早急に検討する」と強調した。政府は29日午前に開いた国家安全保障会議(NSC)でこれらの方針を確認した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン