/

日・モンゴル外相、北朝鮮への圧力強化で一致

29日、握手するモンゴルのムンフオリギル外相(左)と岸田外相(共同)

岸田文雄外相は29日、モンゴルのムンフオリギル外相と省内で会談した。安全保障や経済分野の協力をまとめた2017~21年の中期行動計画に署名した。北朝鮮が核・ミサイル計画を完全に放棄し、国連安全保障理事会の決議を順守するよう求める方針を盛り込んだ。モンゴル側は、拉致問題の解決をめざす日本を支持する考えも示した。

計画には、発効済みの経済連携協定(EPA)の着実な実施や、安定した投資環境の整備も明記した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン