/

この記事は会員限定です

文革と天安門事件 共産党1党支配を死守

アジアひと未来

[有料会員限定]

1949年に発足した毛沢東が率いる中国共産党政権は農業政策に失敗し凶作を招いた。責任を問われ、権威が大きく傷ついた毛が復権のため展開した運動が文化大革命だ。66年ごろから学生を扇動し、対立する政治家や知識人に資本主義へ戻ろうとする「反革命分子」とレッテルを貼り迫害。数多くの死者が出た。

毛は復権を果たしたが、経済は混乱。毛が76年に亡くなると最高指導者の鄧小平が資本主義を部分的に入れた「改革開放路...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り353文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン