/

この記事は会員限定です

駐韓大使の一時帰国「支持」72% 本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で、韓国・釜山に慰安婦問題を象徴する少女像が設置された問題をめぐり、日本政府が対抗措置として長嶺安政駐韓大使を一時帰国させたことについて「支持する」が72%に上った。「支持しない」は18%だった。支持すると答えた人は男性で78%で、女性の64%と比べると割合が多かった。

韓国政府は2015年末の日韓合意で少女像問題の解決への努力を約束。日本政府は合意に基づき、元慰安婦支援の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン