トランプ氏の「米国第一」に懸念83% 共同通信の世論調査

2017/1/29 18:24
共有
保存
印刷
その他

 共同通信社が28、29両日実施した全国電話世論調査によると、「米国第一」を掲げるトランプ米大統領の就任により国際情勢が不安定になる「懸念を感じる」との回答が83.8%に上った。「感じない」は13.1%だった。天皇陛下の退位を巡る法整備については「皇室典範改正で全ての天皇に適用すべきだ」が63.3%、「一代限定の特別法で対応すべきだ」は26.9%。退位の恒久化を望む根強い世論が浮き彫りになった。

 内閣支持率は59.6%で、前回の昨年12月より4.8ポイント上昇した。不支持率は27.2%。

 日米関係については「悪くなる」54.6%、「変わらない」34.4%、「良くなる」4.5%となった。日米2国間の通商交渉に関し「応じてもよい」が52.6%で、「応じる必要はない」の36.4%を上回った。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

米国政府民間統計天皇陛下ドナルド・トランプ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報