2018年2月20日(火)

小池元防衛相、都知事選に出馬表明 「自民の了解得ていない」

2016/6/29 11:24 (2016/6/29 12:08更新)
保存
共有
印刷
その他

 自民党の小池百合子元防衛相(63、衆院東京10区)は29日午前、国会内で記者会見し、東京都知事選(7月14日告示―31日投開票)に出馬する意向を表明した。「都政の信頼回復、停滞の解消、山積する課題解決のため崖から飛び降りる覚悟で挑戦したい」と述べた。

都知事選への出馬を表明する小池百合子氏(29日午前、衆院第1議員会館)

 自民党は政治とカネの問題が少ない「非国会議員」を軸に調整しており、自民党幹部は29日「国会議員は候補から外すのが党の方針だ」として小池氏の推薦は難しいとの認識を示した。小池氏は記者会見で「自民党議員として出馬の決意を固めた。熟考した結論だ」としつつ「自民党都連の了解は得ていない」と説明。自民党の支援が得られない場合は「流れを見極めたい」と語った。

 自民党は25~26日、都知事選候補を選ぶため、桜井俊前総務次官、増田寛也元総務相、片山善博元総務相ら非議員を対象に世論調査を実施。桜井氏の支持が最も多かったとして党都連内では桜井氏を推す声が高まっているが、桜井氏は出馬を固辞している。

 民進党は独自候補を立てる方向で調整しており、片山氏や長島昭久衆院議員らの名前が浮上している。党幹部は「自民票が割れて三つどもえになるなら、優勢になる」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報