/

小池氏「全員受け入れの考えない」 前原氏と調整確認

(更新)

希望の党代表を務める小池百合子東京都知事と民進党の前原誠司代表は29日午前、都内で会談し、次期衆院選での政権交代をめざし連携する方針を確認した。政策や候補者の調整を急ぐことで一致した。

小池氏は終了後、記者団に「候補者の絞り込みを早急にやっていく。政策が合致するか、様々な観点から絞り込む」と述べた。そのうえで「(民進党の議員を)全員受け入れる考えはさらさらない。ワンボイスで戦えるかが重要だ」との考えを示した。自身の衆院選出馬の可能性を聞かれ「出ません」と語った。

前原氏は「とにかく政権交代をするためにどうしたらいいか、大所高所からやっていこうという話をした」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン