民進・蓮舫代表 「環境権・財政規律は必要」

2017/5/2 0:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本国憲法は3日に施行から70年を迎える。各党の改憲論議の行方が注目されるなか、野党第1党の民進党はどのように同問題に臨むのか。党運営方針と併せ、蓮舫代表に聞いた。

――民進党の憲法へのスタンスは。

「憲法問題は改憲と護憲が相反する構図ではない。安倍晋三首相は憲法は『押しつけられたもの』と思っているようだが、70年の長い時間の中で国民がとても大切と思うようになった存在だ。その中で国民から出ている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]