礒崎補佐官を注意、更迭は否定 法的安定性について

2015/7/29付
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は28日の記者会見で、安全保障関連法案の法的安定性を軽視したともとれる発言をした礒崎陽輔首相補佐官に「誤解を与えるような発言は慎むべきだ」と27日に電話で注意したことを明らかにした。ただ「法的安定性を完全に否定したわけではない」とも語り、民主党などが求めている礒崎氏の更迭には応じない方針を強調した。

28日の参院平和安全法制特別委員会では、民主党の福山哲郎氏が礒崎氏の更迭を要求した。安倍晋三首相は「法的安定性の確保は当然だ。それに疑念を持たれるような発言は厳に慎まなければならない」と指摘し、礒崎氏の発言には問題があったとの認識を示した。

これに関連し、自民党は特別委に先立つ同委理事会で、党の聴取に応じた礒崎氏が「国民や委員会運営にご迷惑をおかけした。心から反省し、おわび申し上げる」と陳謝したと報告した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]