/

この記事は会員限定です

慰安婦問題で日韓合意 外相会談「最終的かつ不可逆的な解決」

[有料会員限定]

【ソウル=黒沼晋】岸田文雄外相は28日、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相とソウルで会談し、従軍慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的な解決」で合意した。日本政府は旧日本軍の関与を認め「責任を痛感」するとともに、安倍晋三首相が「心からのおわびと反省の気持ち」を表明。韓国政府が設立する元慰安婦支援の財団に、日本政府が10億円程度を一括拠出することになった。

最大の懸案だった従軍慰安婦問題が国交正常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン