/

この記事は会員限定です

安保法案参院審議、政権「環境激変」訴え 民主は違憲論争

[有料会員限定]

安全保障関連法案の参院での実質審議が28日、始まった。安倍政権は参院審議を通じて、日本を取り巻く安保環境の激変を具体的に訴え、国民の理解を広げようとした。民主党は集団的自衛権の行使を認める安保法案は憲法違反であり、法的安定性を崩すと主張した。質疑初日は平行線に終わった。

参院平和安全法制特別委員会でトップバッターとして質問に立ったのは、自民党の佐藤正久氏。元自衛官で、「ひげの隊長」としてイラクでの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン