2019年6月18日(火)

合区対象県の衆院議員、2人が退席 石破氏は公務で欠席

2015/7/28付
保存
共有
印刷
その他

参院2合区法を採決した28日の衆院本会議では合区対象県の衆院議員の対応が分かれた。

石破茂地方創生相(鳥取1区)は岡山市での全国知事会議に出席するため欠席。本会議前の記者会見では5月時点で出席要請を受けていたとし「出席できれば賛成していた」と述べた。

竹下亘復興相(島根2区)、山口俊一科学技術相(徳島2区)、中谷元・防衛相(高知1区)の3閣僚と、細田博之幹事長代行(島根1区)は賛成した。

一方、後藤田正純(徳島1区)、福井照(比例四国)両氏が採決前に退席。後藤田氏は退席後、記者団に「各県で代表を選べない制度は問題がある」と批判した。赤沢亮正(鳥取2区)、山本有二(高知2区)、福山守(比例四国)の各氏は欠席した。

自民党と連立を組む公明党は格差是正が不十分だとして、参院に続き衆院でも反対した。与党で法案の対応が割れるのは異例だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報