/

この記事は会員限定です

安保法施行 集団的自衛権、行使可能に

戦後防衛政策を転換

[有料会員限定]

集団的自衛権の行使容認などを柱とする安全保障関連法は29日、施行された。歴代政権が憲法9条の下で禁じてきた集団的自衛権が使えるようになり、戦後の防衛政策は大きな転換点を迎えた。新たに任務に加わる国連平和維持活動(PKO)の「駆けつけ警護」などの運用は7月の参院選以降に先送りする。運用計画策定や訓練の準備を慎重に進める。

安保法は自衛隊法や武力攻撃事態法などの改正法10本を束ねた「平和安全法制整備法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り317文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン