福島事故賠償、新電力も 大手負担から転換
経産省検討、廃炉費用は東電1社

2016/10/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は東京電力福島第1原子力発電所事故の賠償費用を電力自由化で参入した新電力にも負担させる検討に入った。これまで事故を起こした東京電力ホールディングスに加え関西電力など大手が担ってきたが、一部を新電力との共同負担に切り替える。福島第1原発事故の処理費の負担が新電力に回る初めてのケースになる。廃炉費用については、利益を優先的に充当する仕組みをつくり東電1社に負わせる方針だ。

「東京電力改革・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]