JICA車両、南スーダンで被弾 官房長官

2016/7/28 19:21
共有
保存
印刷
その他

 菅義偉官房長官は28日の記者会見で、南スーダンで国際協力機構(JICA)の職員が乗った車両が被弾していたことを明らかにした。人的被害はなかった。現地では自衛隊が国連平和維持活動(PKO)に参加している。菅氏はPKO派遣の前提条件となる参加5原則に関し「崩れたとは考えていない。その後も平穏な状況が続いている」と述べた。

 現地時間8日、JICA職員4人が事務所から宿舎に移動する際、防弾車に銃弾を受けたという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報