/

後発薬の価格下げへ 中医協専門部会で一致

中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)は28日の専門部会で、割安な後発医薬品(ジェネリック)の価格を下げることで一致した。医師など診療側と、健康保険組合など支払い側の委員が意見の一致をみた。これを受けて厚生労働省は2016年度から、後発医薬品の公定価格を引き下げる方針だ。

厚労省は現在は新薬の60%と定められた価格の水準をさらに下げる見通しだ。医療費の膨張を抑えるとともに、患者の負担を軽くするのが狙い。年内に正式に決定する。

28日の専門部会では、大企業健保を運営する健康保険組合連合会の委員が「後発薬の普及を進めるためにも価格を下げる方向で議論すべきだ」と発言。日本医師会の委員も「後発薬の価格が新薬の50%の水準になってもメーカーは利益が出るのではないか」と述べ値下げを求めた。

医師など診療側の委員は政府の財政が厳しいなか、後発薬の価格引き下げで財源をひねり出し、医療機関が受け取る診療報酬を確保する思惑がある。健保連にとっても後発薬が広がれば負担の軽減につながる。

後発薬は特許が切れた新薬の成分でつくる薬。研究開発コストがかからないため価格も安い。政府は6月、後発薬の普及率(数量ベース)を13年度の46.9%から、20年度までに80%に引き上げると決めた。厚労省によると20年度の医療費を1.3兆円削る効果があるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン